Archiving Memories

Lan Tsu-wei on Taiwan’s Audiovisual Culture
:::

2020 / August

Cathy Teng /photos courtesy of TFAI /tr. by Brandon Yen


In the 1980s there was a film library tucked away inside an unpretentious office building on Qingdao East Road in Taipei City. This mecca for Taiwanese film buffs offered access to the works of internationally acclaimed directors such as François Truffaut, Alain Resnais, Werner Herzog, Wim Wenders, Rainer Werner Fassbinder, and Michelangelo Antonioni.


 

In 2020 the library was renamed the Taiwan Film and Audiovisual Institute (TFAI). Its newly appointed chairman, film critic Lan Tsu-wei, remembers how, back in the day, people used to start queuing outside the library two days before the annual Taipei Golden Horse Film Festival. Information was tightly controlled in the martial law era. Under the strictures of martial law, Golden Horse provided the only opportunity to watch inter­national films. The level of interest and enthusiasm was phenomenal, Lan smilingly recalls.

Our shared memories

Lan watched his first film when he was four. The male and female protagonists were writhing under a duvet. When Lan asked his mother what they were doing, she scolded him. In 1969 the entire family stayed up to listen to a radio commentary on the Golden Dragon baseball team’s battle at the Little League World Series in the USA. Lan also witnessed the inauguration of Taiwan Tele­vision in 1962. When The Love Eterne was released in 1963, it took Taipei by storm. These are not only Lan’s personal recollections but also part of Taiwan’s collective memory.

Older cinemagoers may recall that films used to be preceded by the national anthem and newsreels. These shared memories have become an integral part of Taiwan’s history.

Lan wants the TFAI to preserve historical memories such as these. Through rearranging and interpreting the past, he aims to retain and reinstate Taiwan’s collective memories and shared cultural heritage.

Establishing the TFAI

Responsible for the preservation, restoration, and promotion of Taiwanese films, and for education about them, the TFAI has undergone several incarnations, from the earliest Film Library of the Motion Picture Development Foundation (1978‡1991), to the Chinese Taipei Film Archive (1991‡2014), and then the Taiwan Film Institute (2014‡2020). The TFAI received its current name in late May 2020, and its mission has been expanded to encompass TV and radio archiving.

Lan Tsu-wei, the TFAI’s first chairman, is the first Taiwanese journalist to have visited the international film festivals in Cannes, Venice, Berlin, Tokyo, and San Sebastián, along with the Oscars, within a span of five years. He has been a TV news producer and led the production department at Central Motion Pictures Corporation. For many years he shared his passion for film music on the radio. A lifelong film connoisseur, Lan is an ideal person to head the TFAI.

“We aim to compile a history of Taiwan’s audiovisual culture from 1895 onwards,” Lan says. The year 1895 has been chosen not because it saw the beginning of Japan’s colonization of Taiwan, but because the world’s first film was created that year. Toyojiro Takamatsu’s Taiwan Jikkyo Shokai (“Introduction to Conditions in Taiwan,” 1907) marked the first time Taiwan was filmed. The world’s first wireless radio broadcast of music and entertainment was reportedly made in the USA in 1906. In 1928 the establish­ment of the Taipei Broadcasting Station brought the wider world to Taiwanese households. The historical film Kano (2014) shows Taiwanese families listening to a live radio commentary on the 1931 National High School Baseball Championship of Japan. These are all precious moments that define the national psyche.

Archiving past and present

Television and radio now fall within the TFAI’s remit. As Lan acknowledges, piecing together fragments of memory isn’t easy. However, “if we don’t make an effort now, it will be even harder in the future.”

Until 1989, Taiwan was oblivious to the preservation of images, Lan observes. “As a result many cultural assets and social memories have vanished irretrievably. Even if you have personally witnessed the beauty of it all, you won’t see it again.”

The TFAI is seeking to collaborate with the Voice of Han Broadcasting Network, the Police Broadcasting Service, and Taiwan Television to provide open access to their cultural resources. “We don’t want to over-­interpret Taiwan’s historical trajectory. What the TFAI aims to do is simply to preserve and restore what used to be.”

This task includes collecting interviews with professionals. “We’ll ramp up our efforts to interview professional practitioners in the film and audiovisual industries while they are still among us, so as to create an oral history archive. We very much hope they’ll help us reconstruct the history of Taiwan’s audiovisual culture.”

Lan mentions his own interviews with film director Wang Tung, which were published as a book in 2010. Before working in the film industry, Wang had trained in art and design. Lan’s interviews—an indispensable primary source for researchers—reveal the depth and breadth of Wang’s art, covering his set construction, camera movements, symbolism, casting, musical arrangements, language, and more.

“I always think of my career as a bridge,” says Lan, waxing lyrical. “At one end, I marveled at the gorgeous landscape of the 1960s to the 1980s. Now, in 2020, people at this end of the bridge don’t know what it was like at the other end. My job is to bring the scenes from the other end of the bridge over to this side so that people can know the splendor of the past.”

Film restoration

The TFAI’s documentary Archiving Time shows just how complex and intricate a process film restoration is. Restora­tion involves rescuing films frame by frame, ­repairing damaged sprocket holes and clearing away old splicing ­cement. After digital scanning, the digital restorer removes scratches and stains from each frame. The colorist touches up faded hues. The audio engineer brings back original sounds. The task is one of herculean proportions.

The TFAI’s mission to remaster classic Taiwanese films began in 2013. Its achievements to date include Dragon Inn, A Touch of Zen, and Raining in the Mountain, all of which have received accolades at the Cannes Film Festival, and rights to the restored versions have been sold.

In an article published in The New York Times in May 2020, film critic Ben Kenigsberg dubs Hou Hsiao-hsien “Taiwan’s greatest filmmaker.” Lan Tsu-wei ascribes the timing of this tribute to the TFAI’s recent digital restora­tion of two of Hou’s masterpieces, A Time To Live, A Time To Die (1985) and Dust in the Wind (1986), with the sale of online streaming rights making the films available in the USA. Classic films are timeless, and digital remastering ensures that they can be passed down to posterity.

Making national treasures accessible

Under Lan’s guidance, the TFAI will adopt a two-pronged approach: academic research is important, but content that appeals to the general public is also vital.

For example, we seldom recognize the achievements of the comedians Hsu Pu-liao and Chu Ke-liang, whose performances shared similarities with Chaplin’s iconic tramp. The popular film scores of David Tao, Sun Yueh, and Hsu Pu-liao also deserve to be rediscovered. Lan emphasizes that Taiwan’s film culture is not represented only by the masters of the Taiwanese New Wave of the 1980s‡1990s. It boasts a much greater diversity.

But after preserving and restoring these national treasures, what use would it be if they were to be locked up in the archives? Lan compares films hidden away in storage to neglected concubines in ancient China who yearned to be noticed. “Our intention is to make our work openly accessible to everyone in the future.” Only when these audiovisual resources become publicly available can we continue to remember, re­vital­ize, and celebrate the glorious blossoms of Taiwanese culture.

Lan draws an analogy from Western literature. In Roman mythology, the god Janus has two faces looking in opposite directions, one to the past, the other to the future. “The TFAI is an heir to the spirit of Janus,” Lan says. “We aim to revive the past for the appreciation of the present generation, but we’re not neglecting the present moment either, because archiving begins in the here and now.” Lan’s words define the TFAI’s mission: its archiving of the past is at once grounded in the present and oriented toward the future.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

典藏時代記憶

聽藍祖蔚說影視時光

文‧鄧慧純 圖‧影視聽中心

撥動時針,時間倒回1980年代,藏身在台北市青島東路辦公大樓四樓的電影圖書館,外觀一點都不起眼,但只要在圖書館裡挑一部電影,窩進播放空間,就可以在黑暗中遇見楚浮、雷奈、荷索、溫德斯、法斯賓達與安東尼奧尼等國際大導演,是台灣文青必訪的聖地。


2020年,電影圖書館幾經變革,轉型為「行政法人國家電影及視聽文化中心」(簡稱「影視聽中心」),資深影評人藍祖蔚受命為董事長。又一次回到這熟悉的空間,我們請他聊聊對這地方的回憶,除了是他記者時期跑電影新聞充電的寶庫之外,那時每逢金馬影展,售票兩天前就有人在電影圖書館門口排隊;因為戒嚴時期、資訊封閉的台灣,想看到國際大師的作品,唯一的管道只有金馬影展,是當時文青最瘋迷的藝術饗宴,「如果現在的瘋狂指數是80分的話,當年大概是200分。」藍祖蔚笑笑地分享那段已經少有人知的歲月。

你的、我的、大家的台灣記憶

搭乘藍祖蔚駕駛的時光機,我們一起穿越時空,聽他說著四歲時看的第一部電影,男女主角在被單下蠕動,不明就裡的他,問了母親卻挨了一聲罵。他猶記得全家半夜時分守著收音機,聆聽中廣轉播金龍少棒隊在美國爭奪世界少棒的冠軍賽,開賽後一支安打,打者直奔二壘,廣播員瘋狂喜悅的聲音。他還經歷1962年台視開播的盛況,參加錄影上過節目。他也親眼見證了1963年電影《梁山伯與祝英台》在台灣上映時,台北像個瘋人城、萬人空巷的局面。記憶力極好的藍祖蔚滔滔不絕地述說這些片段,這是他的記憶,其實也是台灣社會的共同回憶。「你可以想見那個年代,大家透過電影、電視、廣播媒介跟世界建立的連結,所得到的滿足。」藍祖蔚說。

甚至早年在電影院看電影,規定播放國歌和新聞時事的影片;國歌影片有各種版本,反映不同年代的社會背景與思維;新聞時事影片則是當時的生活紀錄,是台灣成長史活生生的歷史見證,都是屬於島嶼居民共同的記憶;但這些吉光片羽卻可能因為我們急著往前衝、忘記回頭看,而斑駁、淡忘了。

「影視聽中心就該把這些歷史記憶保留下來,經過擦拭整理和解釋,讓曾經走過的那一段青春歲月,可以重新成為台灣人的共同記憶,共同的文化資產。」藍祖蔚若有所思的說。

影視聽中心成立

影視聽中心的前身幾經轉型,最早是「國家電影圖書館」(1978~1991),之後轉型為「財團法人國家電影資料館」(1991~2014),更名為「財團法人國家電影中心」(2014~2020),肩負台灣電影資料保存、修復、推廣、教育之責;2020年5月下旬正式轉型為「行政法人國家電影及視聽文化中心」,業務範圍擴及電視、廣播的文化資產。

藍祖蔚受命擔任影視聽中心首任董事長。在西門町長大,電影伴隨他的成長,他也是台灣第一位五年內跑遍坎城、威尼斯、柏林、東京、聖莎巴斯提恩影展和奧斯卡獎現場的記者。擔任過電視台新聞製作人、中影公司製片部經理,更長年透過廣播,與社會大眾在空中相會,分享他喜愛的電影音樂,藍祖蔚的一輩子可說是跟電影泡在一起了,如今就任影視聽中心首任董事長,是適才適所。

「我們希望從1895年之後,建立台灣的視聽史。」藍祖蔚說。這1895年並非日本殖民台灣的緣由,而是世界第一部電影誕生的年代。台灣第一次進入膠捲的框格中是1907年日本人高松豐次郎拍攝的《台灣實況紹介》,該片在全島北中南一百多處取景。1906年,無線電廣播發明,1925 年,臺灣總督府在始政(開始施政) 30 周年紀念展覽會上首次公開播放廣播,1928年,台北放送局(現址為台北二二八紀念館)成立,台灣人開始透過小小的方盒知曉世界大事,電影《KANO》中,重現了家家戶戶透過廣播,收聽遠在日本的甲子園球賽盛況。這些影像、聲音成為庶民生活的一環,記錄大眾日常的點點滴滴,共築全民的記憶。

典藏今昔的分分秒秒

「影視聽中心」的業務擴展到電視、廣播,要找回散逸各處的片段記憶,藍祖蔚說:「不好找,可是現在不做未來更沒有機會,所以有多少就算多少。」

「從1950年代開始,台灣是在風雨飄搖中艱難地邁出影視創作的步伐,在1989年之前,台灣影像保存的概念是minus(負的)。很多珍貴的文化資產、社會記憶就這樣流失了。流失就代表消失,即使你曾經看過那種美麗,可是也無緣再見了。」藍祖蔚感概的說。

影視聽中心現在已積極與漢聲、警廣、台灣電視公司洽談,希望未來能將這些文化資產授權提供給全民使用,史明老先生生前也把自己廣播電台的磁帶捐給了影視聽中心,綠色和平電台也有相關的資料。「台灣是怎麼走過來的,我們不做過份的解釋,只是保存其原貌,還原其舊觀,這就是影視聽中心將來要做的事情。」藍祖蔚再補充:「從今日看來,可能嫌過去的資料節奏緩慢,甚至有點老土,但是前輩就是這樣走過來的,你唯有知道昨天的爸媽長成什麼模樣,今天再回頭看看自己、看未來。」

留下「當下」的資料,還包括諸多從業人員的口述資料,才有機會為後世勾勒那曾經的榮景。「我們將來會有更大的比例訪談尚健在的影視從業人員,做成口述歷史,我們很希望他們能幫我們重建台灣的視聽史。」

許多電影舉辦的影後座談,導演與觀眾對話,這些資訊都應該被記錄下來。藍祖蔚又舉了自己與王童導演對談的書《王童七日談──導演與影評人的對談手記》。王童是從美術設計出身,再一路進階到執導演筒,書中藍祖蔚的提問,從美術搭景、鏡頭運動、符號意涵、角色選擇、音樂安排、使用語言等等,追根究柢地問明導演的意圖,留下的這些raw material,可供後世參考研究。

「我一直把自己的角色當作一座橋,當年我在橋的那一頭,我看過1960~1980年代這麼多精彩的風景,現在來到2020年,這邊的人都不知道橋那頭的風景,我的工作是把那頭帶到這邊來,讓大家知道橋那頭曾經如此輝煌燦爛。」藍祖蔚感性的說。

修復影格,國際亮相

看過由影視聽中心自製的紀錄片《數電影的人》,才能知道電影修復工作有多繁瑣細碎。所謂修復是一個個影格的救援,修整損破的膠片齒孔、除抹老化的影格接合膠,再進行數位掃描,一秒只能掃三個影格,數位修復師接續為每一格畫面掃除刮痕、清除髒汙,調光師再替影像找回褪逝的色澤,而音效修復師盡力還原影片舊有的聲色。影片中的數位修復師提到,一個月修復十分鐘算是理想狀態,就知道其工程之浩大繁瑣。

從2013年,影視聽中心投入台灣經典影片高階數位修復工作,其成果如《龍門客棧》、《俠女》、《空山靈雨》等片,都獲得坎城國際影展重視,重新讓全球看見,甚至陸續賣出修復版版權。

日前,《紐約時報》刊載了一篇美國影評人Ben Kenigsberg撰寫的專文,標題稱侯孝賢為「台灣最偉大電影人」。才好奇在多年後為何突然蹦出這則新聞,藍祖蔚解釋其中的關鍵,是中影公司重新修復了《戀戀風塵》與《童年往事》兩部作品,並賣出數位修復版權給線上串聯平台,讓影片在美國得以被看見,這顯示經典永遠有市場,而修復是香火傳承的重要工程。

未來,培育電影的修復人才更將是影視聽中心的重點工作,讓世界看到台灣有這樣的能力,讓電影修復可以成為台灣另一個文化輸出的軟實力。

國寶「近用」,呈現美麗多元的台灣

典藏全民的記憶應無區分,那些屬於庶民的文化情貌,也該被重視。「希望將來影視聽中心能兵分兩路,學術的深化有其必要性,但是更為大眾接受的開闊性與廣度,也需要被重視。」藍祖蔚說。

例如鮮少人討論許不了、豬哥亮舞台表演的價值,與默劇泰斗卓別林的表演風格有何相似相異之處,分析他們的表演如何符合大眾文化娛樂的心情;或是介紹當年如陶大偉、孫越、許不了的賣座電影音樂,那些樂音都深植在人們心中,那是聞樂就能起舞,觀影就能知曉當時文化情境,這些都不該偏廢。台灣不是只有新電影的大師,台灣電影有更多可能的排列組合,藍祖蔚表示。

話題一轉,保存、修復了這些公共財之後,「但擺在庫房,『養在深閨人未識』,那還有什麼意思呢?」善用古典詩詞的藍祖蔚,說那些被鎖在庫房中不見天日的影片像深宮怨婦一般,此一形容超有既視感,「別人是『一朝選在君王側』,那我們是希望一朝能夠出現在大眾的手上。」讓這些影視的文化資產讓大家能夠方便近用,授權取得容易(近用權利),台灣曾有的「那時此刻」,曾有百花齊放的燦爛時光,才能不斷被記憶,被創新、被發揚。

熟悉英美文學的藍祖蔚,做了個比喻,在羅馬神話中,有位神祇Janus,他也是January一月字源的由來,他有兩個臉各朝向一方,看向過去和未來。藍祖蔚以此為喻,「影視聽中心要有Janus的精神,把過去的東西帶到現在給大家了解,對於現代的情事,我們也沒有忽略,典藏本該從當下開始。」藍祖蔚的這番話,界定影視聽中心獨特的文化使命,現在的每一天為未來的每一天做典藏,是影視聽中心最貼切的註腳。

時代の記憶を保存する

藍祖蔚が語る台湾の映画・放送史

文・鄧慧純 写真・影視聽中心 翻訳・山口 雪菜

1980年代、台北市青島東路のビルの4階に電影図書館があった。ここで映画を1本選んで部屋に入ると、フランソワ‧トリュフォーやアラン‧レネ、ヴェルナー‧ヘルツォーク、ヴィム‧ヴェンダース、ライナー‧ヴェルナー‧ファスビンダー、ミケランジェロ‧アントニオーニなど、世界的巨匠の作品を楽しむことができた。


2020年、かつての電影図書館は「行政法人国家電影及視聴文化センター」(以下、影視聴センター)へと変わり、映画評論家の藍祖蔚が董事長に就任した。今回は藍董事長にこの空間の思い出を語っていただいた。かつて金馬映画祭の時期になると、チケット発売の2日前から電影図書館の入り口には行列ができたという。戒厳令が敷かれ、情報が少なかった台湾で、外国の巨匠の作品を見る機会は金馬映画祭しかなかったのである。「今の熱狂指数が80とするなら、当時は200は行っていたでしょう」と藍祖蔚は笑う。

皆の台湾の記憶

藍祖蔚は4歳の時に初めて映画を観た。男女が布団の中でごそごそしているのを見て、母親に「何してるの?」と聞き、怒られたのを覚えている。また、一家そろって夜中にラジオの前に陣取り、台湾の金龍少年野球チームが決勝戦に進出したアメリカでのリトルリーグ世界大会の実況中継を聞いた。当時のアナウンサーの興奮した声も覚えている。また、1962年の台湾テレビ(TTV)の放送開始当時の盛況も覚えている。1963年に映画『梁山伯と祝英台』がテレビで放映された時には、皆がテレビを見ていて、通りから人がいなくなったという。これらは当時の台湾人の共通の記憶である。「あの時代、人々は映画やテレビ、ラジオを通して世界とつながっており、そこに喜びを見出していたのです」と藍祖蔚は言う。

また、映画館では映画の前に国歌とニュースフィルムが放映された。国歌の映像にはさまざまなバージョンがあり、それぞれの時代の社会的背景を表している。これらも台湾人に共通の記憶と言えるだろう。

「私たちは、こうした記憶を整理‧解釈して保存し、あらためて台湾人共通の記憶、文化遺産として再現したいのです」と藍祖蔚は言う。

影視聴センターの設立

影視聴センターの前身は幾度もの転換を経てきた。国家電影図書館(1978~1991年)から財団法人国家電影資料館(1991~2014年)に、さらに財団法人国家電影センター(2014~2020年)へと変わり、常に映画資料の保存、修復、推進、教育の使命を担ってきた。そして2020年の5月下旬、正式に「行政法人国家電影及視聴文化センター」へと転換し、業務範囲は映画だけでなく放送の文化遺産へも広がった。

同センターの董事長に任命された藍祖蔚は、台北の西門町で映画とともに成長した。彼は台湾の記者として初めて5年の間にカンヌ、ヴェネチア、ベルリン、東京、サン‧セバスティアンの各映画祭とアカデミー賞の会場を訪れた。さらにテレビ局の報道部プロデューサー、中影公司プロデュース部マネージャーなども務め、長年にわたってラジオで映画音楽も紹介してきた。まさに生涯を映画とともに生きてきたと言え、影視聴センター董事長にふさわしい

「私は1895年以降の台湾の映画‧放送史をまとめたいのです」と藍祖蔚は言う。1895年というのは日本統治時代だからではなく、世界で最初の映画が誕生した年だからだ。台湾が初めて映像に撮影されたのは、1907年、日本の高松豊次郎が制作した『台湾実況紹介』で、北部から南部まで台湾の百ヶ所余りが映っている。1906年には世界初のラジオ放送が行なわれ、1928年には台北放送局が放送を開始した。映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』でも、人々がラジオの前で甲子園の実況中継を聞く姿が描かれている。これら映像や放送は当時の庶民の暮らしの一部であり、人々の共通の記憶を記録している。

往時をコレクション

「あちこちに分散した映画‧放送関係の資料を集めるのは大変ですが、今やらなければ将来はもっと難しくなるでしょう」と藍祖蔚は言う。

「1986年まで台湾では映像を保存するという概念はなく、貴重な文化遺産や社会の記憶が失われてしまいました。失われてしまえば、再び目にする機会はありません」

そこでセンターでは現在、漢声ラジオや警察ラジオ、TTVなどと将来的なライセンス提供を交渉している。昔の録音テープを提供してくれるパーソナリティや、資料を提供してくれる放送局もある。「私たちは過度な解釈はせず、本来の姿のまま保存します。それがセンターの仕事だと考えています」と藍祖蔚は言う。

関係者の口述資料も残さなければならない。「今後は、映画‧放送関係者を訪ねてオーラルヒストリーを記録し、台湾の映画‧放送史の再現にご協力いただくつもりです」と言う。

藍祖蔚と映画監督‧王童との対談をまとめた『王童七日談——導演と評論家の対談手記』という一冊がある。美術担当から映画監督になった王童に、背景造り、カメラワーク、シンボリズム、キャスティング、音楽、言語など、藍祖蔚が質問をして一つずつ監督の意図を掘り下げていく内容で、こうした生の素材も後の参考になる。

「私は常に自分に懸け橋の役割を課してきました。かつて私は橋の向こう側にいて、1960~80年代の素晴らしい景色を見ていました。2020年の今、こちら側の多くの人は橋の向こうの景色を知りません。私の仕事は橋の向こう側をこちらに持ってきて、皆さんに見てもらうことなのです」と藍祖蔚は言う。

復元し、世界に見せる

影視聴センターが制作したドキュメンタリー『数電影的人(アーカイビング‧タイム)』を見ると、映像修復という仕事の繁雑さがわかる。フィルムの一コマ一コマの穴や傷、劣化した部分を修復してスキャニングし、さらにデジタルで汚れや傷を取り除き、褪せた色を復元し、音声も修復するのである。

2013年、センターは『龍門客桟』『侠女』『空山霊雨』など台湾名作映画のデジタル修復を開始してカンヌ映画祭で高く評価され、さらにはデジタル‧リストア版の版権も次々と取得した。

先ごろ、ニューヨーク‧タイムズで映画評論家のBen Kenigsbergが、映画監督‧侯孝賢を「台湾で最も偉大な映画人」と絶賛した。なぜ突然侯孝賢が取り上げられたかと言うと、実は台湾の中影公司が侯孝賢の『恋恋風塵』と『童年往時』を修復し、デジタル‧リストア版の放映権をオンラインプラットフォームに売ることでアメリカでも見ることができるようになったからである。こうした名作には永遠に市場があり、修復して引き継いでいくのも重要な仕事なのである。

国宝を、より身近に

国民の記憶、庶民の文化は重視されなければならない。「将来的に影視聴センターは、学術的な研究とともに、大衆に受け入れられる分野も重視していかなければなりません」と藍祖蔚は言う。

例えば、物故した芸人の許不了や猪哥亮の舞台表現における価値や、チャップリンとの類似点や相違が論じられることはなく、彼らの表現がいかに大衆の娯楽にマッチしていたかが議論されることも少ない。そこで、かつて人気を博した陶大偉や孫越、許不了らのヒット映画の音楽を紹介することで、当時の文化的背景が理解できるかもしれない。台湾にはニューシネマの巨匠がいるだけではなく、より多くの組み合わせや見方が可能なのだと藍祖蔚は言う。

しかし、こうして公共財を修復、保存しても、それを倉庫にしまっておいただけでは何の意味もない。それが大衆の目に触れる身近な存在になってこそ、台湾のかつての輝かしい日々が記憶され、さらに輝きを増していくのである。

英米文学にも詳しい藍祖蔚は、その使命をローマ神話のヤヌスに譬える。ヤヌスは反対方向を向く二つの顔を持ち、過去と未来を見ることができるとされる。「影視聴センターは、このヤヌスのように、過去のものを今の人々に見せていきます。もちろん現在を見落とすことはなく、コレクションは現在のものから始めていきます」と言う。これこそが影視聴センターの文化的使命であろう。現在の一日一日のコレクションが、将来のためなのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!