Putting Their Youth into Words

A Brave New Era for High-School Publications
:::

2020 / August

Chen Chun-fang /photos courtesy of Kent Chuang /tr. by Jonathan Barnard


The high-school years are turbulent ones. In the fleeting moments spent away from classwork, young souls quietly grow into their own identities. School publications offer a space for outsiders to see distillations of these students’ imaginations and their hopes and expectations for the world.


After graduating from high school, few people get many chances to encounter school newspapers again. Yet if you visit the upcoming exhibition on campus publications at the Kishu An ­Forest of ­Literature, you will discover to your surprise how school publications have changed. Compared to decades past, their graphic design is more polished and their content more varied. No longer mere records of school life, these publications are instead embodiments of high schoolers’ thinking.

Recording a time of life

There are various names for the groups that put out campus publications in Taiwan: journalism clubs, campus publication clubs, youth clubs, and so forth. Yet publishing periodicals is at the core of what all these groups do. From selecting story topics, to planning, to interviewing, to writing, editing and layout—all these tasks are performed by the students themselves. Every campus has groups of young people with points of view and an ability to get things done.

When putting together these publications, each of the groups finds topics from events at school or from the greater social environment. Consequently, campus publications offer glimpses of students’ opinions about school and their social eras, and their varying experiences and viewpoints are part of what makes each of these journals unique.

During the martial law era (1949-1987), the content of school publications had much the flavor of government propaganda. School administrations used their censorship powers to control campus opinion, and students had no freedom of speech. With the end of martial law and the associated media restrictions, campus publications gradually came under student control. Most, however, were still subject to school oversight. Largely records of student life, they were filled with introductions to student clubs or literary works solicited from within the school. Few featured reports with more critical points of view.

Several years ago, the Ministry of Education announced that school publications were to become self-supporting. Meanwhile, amid growing consciousness about student rights, students have been striving to gain authority over these publications’ content. Consequently, many of these newspapers and magazines now publish without any oversight from school administrations. Lin Yuhao, a planner for Kishu An Forest of Literature who has worked on its school publications competition and exhibit for two years, recalls that school publications used to be pretty standardized. They looked rather plain and their content appealed to only a minority of people. In recent years, however, they have begun to extend their reach beyond their campuses. Students are going out into their communities to conduct interviews, exploring issues such as same-sex marriage and the Hong Kong protests. At the same time, exposure to commercial magazines and easy access to desktop publishing software has brought varied and vibrant designs and layouts. Increasingly stylish, these publications have lost much of the old baggage that used to weigh them down. “You can see that each of these publications aspires to be a platform for students’ voices,” says Lin.

Healing lives

If education ought to cultivate independent thought and schools should aim to better every child that passes through them, then Vincent Tsai, faculty advisor to the journalism club at Taichung Municipal Hui-Wen High School, has realized his expectations as an educator through school periodicals.

Since the founding of the school’s journalism club, Tsai has borne witness to his students’ progress. The topics for reports in the school publication HWSH were originally suggested and assigned by Tsai, but now the students are coming up with article ideas themselves. The “Age of Mist” issue explored the subject of air pollution. “A Decade of Glory” examined the fairness of housing allocation in Hong Kong and the disappearance of local dialects there. The content—160 pages in each issue—is both substantial and insightful. The most recent issue focuses on clinical depression, using a questionnaire designed by the John Tung Foundation to survey depressive tendencies among junior and senior high schoolers. Students interviewed a clinical psychologist as well as the performing artist Lu Lu, who has battled depression, and Si Yi, a writer of books on healing. The layout and design, moreover, suit the content. The background color of the pages switches from black to gray to white, as if one’s emotional state were moving from a deep, dark valley toward the dawn of a new day.

Year by year, various adjustments have been made. Today the periodical has a cover committee. The students in charge of photography lead the planning—finding models from within the school community and looking for shots connected to the theme of each issue. For instance, for “Age of Mist” two students wore gasmasks as they stood amid urban smog. Yet aside from the students on the cover ­representing the school, HWSH—with its focus on soci­etal issues and its off-campus reports about people in the ­community—could easily be mistaken for a commercial publication.

Tsai believes that working on campus publications cultivates not only writing skills but also other virtues and talents, such as courage, marketing, time management, and communication skills. All are honed over the course of working on stories for publication.

For example, Tsai has discovered that after working on the publication for two years, children who were initially rather taciturn and melancholic now show much more confidence and can teach the skills they have learned to their juniors. He has encouraged students with depression to write pieces for publication, providing them with the validation of seeing their work in the school magazine or even, in one case, winning an award for liter­ary excellence in central Taiwan. Witnessing these improve­ments gives Tsai great joy. He quips that he would like to advise HWSH until he is old and bedridden.

Sailing out to the wide world

Ever since the Ministry of Education ruled that schools can no longer require parents to pay publication fees in advance, school publications have found themselves on a shaky financial footing. Obtaining the funding to pay for printing and other expenses has become a challenge. The journalism club at Taipei Municipal Jianguo High School, for instance, was facing potential closure last year.

“At the end of tenth grade I and one other student were the only members who were going to continue into the next year, and then the other student decided to quit. I was in a quandary: My options were to leave the club too and let it collapse, or take on responsibility for it and quite possibly still watch it go under if I couldn’t find enough other people to join.” Qiu Jingqi, club head for the 2019-2020 school year, thus calmly recalls the ­situation back then. He ended up taking responsibility for reviving the club onto his own shoulders.

Qiu first persuaded several classmates to take the plunge with him. After assembling a core staff, he followed up by producing a promotional leaflet, which was handed out to arriving freshmen, so that the group wouldn’t get lost in the shuffle amid the 70-odd clubs at the school. The club thus grew from one to 15 members, giving it a new lease on life.

They really wanted to make a mark with their annual publication CK Potpourri. For those boys, mature beyond their years, the only topic that made any sense for 2019 was Hong Kong.

They interviewed both Hongkongers who were studying in Taiwan and Taiwanese high schoolers to gain a sense of young people’s views on the issue of extradition to China. They explained some related termino­logy, such as “the Hong Kong peace movement” and “the 2019 Hong Kong extradition bill,” and they created a clear timeline of major events. Members of the club also interviewed Chen Yijing and Yan Wenting, a journalist couple who had gone to Hong Kong several times to report from the front lines, as well as several academics in Taiwan with expertise on Hong Kong. These young people employed their own methods to create a comprehensive report on these issues, demonstrating understanding of nuance and complexity, all in the hope that their efforts would empower Hong Kong and Taiwanese youth.

Repository of passion

The unrestrained expressive freedom of the journal­ism club at the Affiliated Senior High School of National Taiwan Normal University (HSNU) leaves a deep impression on anyone who has read their work, and the club is an excellent example of a student publication’s independence. In 2014 the club launched a new magazine: payoff. Rather than limiting its content to campus events, it covers a wide range of topics, including video game music, art history, film criticism, and so forth. Each club member researches realms of personal interest, writing about them in lively prose, which is matched by a layout and graphic design featuring a distinctly modern sensibility.

Apart from publishing payoff as a platform for members to voice opinions about topics of interest, the club also engages in activism. For instance, in 2018, on the day before a set of referendums on several issues including same-sex marriage, they delivered short speeches on same-sex marriage in the hallways of the school, urging seniors of voting age to exer­cise their precious right. “There’s nothing that you can’t say, only what you dare not say.” That is what club member He Yuxin said at an editorial workshop given by the club at the National Human Rights Museum. To some degree, he was also giving voice to a self-­awareness that school publications should have about their own roles on campus.

As their coverage becomes broader, the impact of these school publications is likewise extending beyond campuses. The Huilai Monument Archaeology Park in Taichung, for instance, had been slated for demolition and redevelop­ment, but after a report by the journalism club at Hui-Wen High School and a petition drive by high-school students across the city, the prehistoric site ended up being saved.

In truth, it doesn’t make sense to talk about “super­ior” or “inferior” when it comes to high-school publications. Each has its own unique style and subject matters, and these don’t lend themselves to rigid classification. Vincent Tsai often encourages his students to adopt the mindset that “anything I submit must be excellent.” It is a confidence rooted in the reality that these student journalists are giving their all to make records of their youth in remark­able works of writing.

Relevant articles

Recent Articles

繁體 日本語

青春怎麼說

高中刊物刻畫生命印記

文‧陳群芳 圖‧莊坤儒

高中是青春擾動的年歲,渴望獨立,企盼自由,在課業的夾縫中,歷練社團、人際、自我,每一個年輕的靈魂正悄悄長出自己的樣子。他們有自己看世界的角度,有發聲的想望,他們把對世界的想像與期待,凝結在校刊裡,向外界傳遞。


每年春夏,當我們正為熾陽的悶熱感到煩躁時,許多高中校刊社忙著截稿、排版、出刊,趕在畢業典禮前讓學長姐們能帶著屬於這個時代的青春記憶,往前邁進。而校刊社也帶著他們引以為傲的作品,參加校刊競賽的舞台,彼此角逐、觀摩。

離開高中校園後,多數的人很少有機會能再接觸校刊,但若能走一趟紀州庵舉辦的校刊競賽展,我們將驚訝的發現,校刊內容的豐富多元及版面設計的精美,校刊不再只是校園生活的紀錄,它是高中生思想的化身。

譜寫時代記憶

高中校園裡編撰校刊的社團名稱各異,青年社、校刊社、新聞社等,刊物製作是這些社團的核心,從選題、企劃、採訪、撰稿、編排,通通由學生一手包辦,每間學校都匯聚了一群有想法、有執行力的年輕人。

在紙本閱讀日漸式微的現代,需要的資訊只要上網就能查閱,各大雜誌社也接連數位化,紙本刊物看似要被時代洪流給吞沒,但校刊的存在卻有其時代意義。已參與全國校刊競賽評選十多年、高師大國文系副教授李金鴦形容,編輯校刊像是在跟時間、歷史競逐的長途接力賽。每屆校刊取材自當下的學校事件或社會環境,所以校刊就保存了年輕人對社會、學校的想法,也造就了每本校刊的獨一無二。

在戒嚴時期,校刊內容偏向政令宣導,校方藉由審查來控制輿論,學生毫無言論自由可言。隨著解嚴、報禁解除,校刊漸漸由學生主導,但多數仍受校方審稿的制約,內容多為校園生活的紀錄,例如各社團的介紹、校內徵稿的文藝作品,少有帶著批判觀點的報導。

這幾年學權意識高漲,加上教育部宣布校刊改採自由購買,印製經費由社團自籌,學生也極力爭取內容的自主性,許多學校的校刊已不再受審核。曾參與兩屆紀州庵校刊競賽展的紀州庵行銷企劃林昱豪觀察,以往的校刊比較制式,外觀樸素、內容小眾,但這幾年校刊跳脫校園,學生走入社區進行校外採訪,探討如婚姻平權、香港反送中等社會議題。例如《北一女青年》就曾因為學校附近的抗議人士引發她們的好奇,進而做了原民運動「沒有人是局外人」的報導,探討原住民傳統領域議題。加上排版軟體的普及,年輕人受到商業雜誌的吸引,使得校刊的編排越來越多元奔放,具有潮流感,跳脫了校刊的包袱。「每一本都能看到學生想要藉由校刊發聲的企圖心。」林昱豪表示。

承載生命

如果說教育的本質是培養獨立思考的個體,讓每位進入校園的孩子都能變得比原來更好;那惠文高中新聞社的指導老師蔡淇華,就是透過校刊來實踐他對教育的期待。

自2002年創辦新聞社,蔡淇華一路見證學生的成長。原本以校史紀錄為主的《惠聲惠影》就是在某屆學生的提議下,將各班自由發揮的專欄取消,改為由社員企劃全刊內容,使刊物更具有整體感。報導主題也從蔡淇華訂定,漸漸由學生主導,陸續做出探討空汙問題的〈迷霧時代〉;〈十年鎏光〉捕捉香港居住正義、方言流逝的光影等。全刊160頁的內容紮實而深刻,例如最新一期的〈分;號〉,以憂鬱情緒為主題,參考董氏基金會所設計的相關問卷,透過網路及校內隨機發放,調查國高中生的憂鬱傾向,並專訪諮商心理師、走出憂鬱症的藝人Lu Lu、療癒系作家肆一等。版面設計也十分切題,底色從黑到灰再到白,象徵從情緒幽谷迎向黎明曙光。

經由歷屆社員一點一滴的調整,如今的《惠聲惠影》,連封面都特地組成封扉小組,由負責攝影的同學擔任企劃,向全校徵選模特兒,並依主題發想拍攝情境。例如〈迷霧時代〉,就是兩個同學戴著防毒面具,站在灰濛濛的城市裡。再加上許多公眾人物的採訪報導,如果不是封面的學生照片點出校刊的象徵,《惠聲惠影》十足有商業雜誌的味道。

跟多數的校刊社一樣,惠文新聞社製作刊物的技巧都是學長姐帶學弟妹,在實務中一點一滴累積經驗。但其他學校的校刊多為一年一本,《惠聲惠影》則是半年一刊。翻閱各期《惠聲惠影》,會發現同屆社員的上學期作品總是略顯青澀,蔡淇華將之比喻為練習本,讓學生自己摸索,「任何東西只做一次不會內化成為能力。」是蔡淇華的堅持。他相信做校刊不只增加文字能力,其他如膽識、行銷、時間管理、溝通技巧等,這些帶著走的能力也能在一篇篇稿件的磨練中習得。

例如原本寡言有點抑鬱的孩子,經過校刊社兩年的洗禮,現在能對著學弟妹講課,言談間也多了自信笑容。又或是蔡淇華鼓勵有憂鬱症的孩子用文字創作,將內心的苦楚化為靈感,讓他們的作品在校刊裡刊出,甚至獲得中台灣聯合文學獎的肯定。看著孩子變好帶給蔡淇華莫大的快樂,曾出版多本教育書籍的蔡淇華認為,做校刊能近身觀察孩子的想法,也讓他跟著時代的脈動,「學生就是我的田野。」他笑說,自己要帶新聞社帶到不能動為止。

航向世界

校刊自從開放自由訂購,校刊社的經費不像過去穩定,倒社、籌不出印刷費用等狀況,成為現代校刊社的挑戰。1958年創社的建中青年社(簡稱建青),也在去年一度瀕臨倒社。

「當時高一升高二的社員只剩一位同學和我,同學轉社,所以我要不也轉社,建青就倒了;不然就是我接下幹部,然後找不到人加入一樣倒社。」建青149期社長邱景琦緩緩地說出當時心境。結果,他毅然選擇扛下建青的招牌。

邱景琦先說服幾位同班好友一起「入坑」,「他有個偉大的理想,說要讓建青重新復出,回到以前社員蓬勃的榮景。」副社長張紘齊表示,自己就是被邱景琦的熱血打動,才加入建青一起開創新局。幾位核心幹部底定後,他們接著製作宣傳手冊,在新生入學時發放,讓建青不被淹沒在校內70幾個社團裡。此舉奏效,順利從1人社團壯大為15人,讓建青撐了下去。

一年一刊的《建中青年》,要為當年度留下紀錄。2019年,在這群大男生心中的大事件,沒有別的,就是香港。他們在編輯室報告上寫著:「今年一整年,香港的學生沒有作業,他們都在上歷史課,他們自己就在寫歷史。今年一整年台灣的學生也沒閒著,我們都在上公民課,學習怎麼當一個對民主自由心存敬意的公民,當一個勇敢捍衛基本人權的公民。」

他們訪問了在台的香港留學生、台灣的高中生,捕捉年輕人對反送中事件的想法;解釋與香港有關的名詞,例如「和理非」、「建制派」、「逃犯條例」、「雨傘革命」等,並持續關注香港動態,將每個時間點的事件製作成大事紀年表,讓整起運動的脈絡更清晰。社員們還採訪了多次赴香港第一線考察的記者夫妻檔陳怡靜與嚴文廷,以及台灣多位專家學者對香港議題的觀點。從點到線到面,這群年輕人用自己的方式,將香港反送中運動的輪廓完整地呈現。他們的視角不被課本侷限,而是對世界懷抱巨大的熱情,他們希望透過關注,為香港和台灣的年輕人帶來力量。

盛放熱情之所在

說到校刊獨立運作,附中青年社(簡稱附青)的自由奔放,讓看過的人印象深刻。從2014年開始,附中青年社就以「附青」的諧音「付清」,推出一個全新的刊物品牌《payoff》。內容也漸漸不再侷限於校園事務,遊戲音樂、藝術史、精神疾病、電影評論、歌單推薦……,報導的範疇繽紛雜陳,每個成員深入研究自己有興趣的領域,再將之以流暢的文字,以及具現代感的視覺設計編排,透過雜誌傳遞給讀者。

除了用刊物為自己有興趣的題材發聲,附青也用行動倡議。例如2018年公投前夕,在學校走廊發起同婚短講,鼓勵有投票權的高三生投下寶貴的一票;或是在跨校舉辦的校刊社迎新大會上,做媒體識讀的演講。「沒有不能說,只剩不敢說。」是附中青年何雨忻在編輯工作坊裡對學員的分享,某種程度也說明了校刊社作為一個校園媒體應該有的覺知。

隨著高中校刊逐漸走向社會,擴大他們報導選材的範圍,他們的影響力也向外延伸。像是位於台中市七期重劃區的惠來遺址,裡面蘊含了豐富的史前文化遺物,原本要被改建為百貨公司或汽車旅館,經過惠文高中新聞社的報導,並發動台中市高中生的集體連署,最後挽救了遺址的命運,為台灣保留珍貴的文化資產。

今(2020)年八月是全國高級中等學校學生校園刊物競賽結果公布的緊張時刻。但高中刊物其實沒有孰優孰劣,每間學校的風格、內容皆自成一格,無法被定義。就像蔡淇華常常鼓勵學生的:「凡出我手,必屬佳作。」這般的自信,其實根源於編輯刊物的過程中,學生們曾用盡全力、燃燒生命小宇宙,為自己的青春寫下不後悔的璀璨篇章。

青春の声を上げる——

創意と活力に満ちた高校の校内誌

文・陳群芳 写真・莊坤儒 翻訳・山口 雪菜

青春真っただ中の高校生は、独立と自由を渇望し、授業の合間に部活や人間関係、自己形成に励み、少しずつ自分らしさを育んでいく。彼らは自分の角度で世界を見つめ、自分の意見を発表したいと強く願い、その世界観と期待を校内誌に結集させ表現している。


春から夏にかけて、多くの高校の校内誌クラブでは原稿完成、レイアウト、印刷発行に忙しい。卒業する先輩たちに青春の記憶を持って行ってほしいからだ。また、各校が誇りとする校内誌はコンクールに出品され、互いにその素晴らしさを競い合う。

卒業すれば校内誌に触れる機会はほとんどないが、紀州庵で開かれる校内誌コンクール展を訪ねると、その内容の豊かさとデザインの斬新さに驚かされる。校内誌はすでに単なる学校生活の記録ではなく、高校生の思想の表現ツールとなっているのである。

時代の記憶を表現

高校で校内誌を制作する部活の名称はさまざまで、青年部、校刊部、新聞部などがある。テーマ選定から、企画、取材、執筆、レイアウトまですべて生徒たちが行なっており、自分の考えを持ち、実行力のある生徒が集まっている。

紙の刊行物が衰退しつつある今日、情報はネットで得られ、雑誌社もデジタル化を進めており、紙媒体は時代に押し流されようとしている。しかし、校内誌には各時代の意義がある。全国校内誌コンクール選考委員を十数年務めてきた高雄師範大学国文科の李金鴦‧准教授は、校内誌の編集は時間や歴史と競争する駅伝のような作業だと形容する。その時々の学校内の出来事や社会問題を題材にしているため、校内誌は社会や学校に対する若者の考え方を保存するものとなり、どの一冊も唯一無二のものなのである。

台湾で戒厳令が敷かれていた時代(1949~1987年)、校内誌は政府の宣伝色が強く、学校側も内容を厳しく審査していたため、学生に言論の自由はなかった。1987年に戒厳令が解除され、新聞発行が自由化されると、校内誌も生徒が主導できるようになるが、それでも学校による内容審査の制約を受けた。そのため、内容は部活の紹介や、生徒の文芸作品などが中心で、批判的な観点の記事はほとんどなかった。

しかし最近は生徒の権利意識が高まり、教育部も校内誌は自由に購入するものとしたため、生徒たちは自主的な内容に力を注ぐようになり、学校による審査もなくなった。紀州庵校内誌コンクール展の企画に携わったことのある林昱豪によると、以前の校内誌は型にはまっていて、外観は素朴で内容は小衆向けのものが多かった。それが最近は学校を出て地域で取材した内容が増え、テーマも同性同士の結婚や香港の民主化運動などへと広がった。例えば台北第一女子高校の『北一女青年』は、学校付近で行なわれた抗議活動をきっかけに、「誰も部外者ではない」という先住民運動を特集した。また、レイアウトソフトの普及によって、校内誌も商業誌のようにファッショナブルなデザインとなり、「声を上げたいという生徒たちの野心が感じられます」と林昱豪は言う。

ほとばしる生命

独立思考できる人間の育成が教育の本質だとするならば、惠文高校新聞部の指導教員‧蔡淇華は校内誌を通してそれを実践している。

2002年に創設された同校新聞部で、蔡淇華は生徒たちの成長を見守ってきた。同校の『惠声惠影』は、以前は学校史の記録を中心としていたが、ある年度の生徒が提案し、各学級に割り当てられたコラムを廃止して、部員が企画を立てられるようにした。当初は蔡淇華がテーマを与えていたが、後に生徒が決めるようになり、大気汚染を扱った「迷霧時代」や、香港の住居問題をテーマとした「十年鎏光」、方言の消失といった内容に取り組むようになった。160ページにわたる校内誌の内容は深く充実している。最新号の「分;号」では鬱をテーマとしている。董氏基金会が制作したアンケート調査を参考に、ネットや校内で中高生の鬱傾向を調査し、カウンセラーや、鬱病を克服したアーティストLu Luや癒し系作家の肆一にも取材した。レイアウトも黒から白へのグラデーションで谷底から望む黎明を象徴している。

年々調整を進めてきた『恵声恵影』は、今では表紙専門のチームもあり、写真を担当する生徒が企画を立て、校内でモデルを募集選考し、テーマに沿って制作する。例えば「迷霧時代」の表紙では二人の生徒が防毒マスクをして灰色にかすんだ町の中に立っている。著名人へのインタビューも多く、表紙に校内誌である旨が書いていなければ、商業誌と見間違えるほどの完成度だ。

多くの学校と同様、惠文高校新聞部でも先輩が後輩を指導し、実務の中で少しずつ編集の経験を積んでいく。多くの学校では校内誌は年に一回の発行だが、惠文高校では半年ごとに出している。これまでの『惠文惠影』をめくると、前学期のものは後学期のものより幼い感じがするが、蔡淇華はこれを練習本に喩え、「何事も初めての時は内在化した能力にはなりませんから」と生徒に自分たちに模索させている。蔡淇華によると、校内誌の制作を通して身につくのは文章力だけでなく、マーケティングや時間管理、コミュニケーションといった能力も高められる。

例えば、以前は口数も少なく落ち込みがちだった生徒が、2年にわたって校内誌を制作したことで、今では後輩の前で講義ができるようになり、自信に満ちた笑顔も見せるようになった。鬱病の生徒には、心の中の苦しみをインスピレーションにして文章を書くよう奨励している。そうした作品が校内誌で発表され、中台湾聯合文学賞でも評価されたことがあり、生徒たちが元気を取り戻す姿を見るのは蔡淇華にとって最大の喜びだという。教育関係の本を多数執筆している蔡淇華は、身近で生徒による校内誌編集を観察することで、彼らの考えに触れられ、時代の変化についていけると言う。「生徒たちは私のフィールドです」と言い、身体が動く限り、新聞部の指導を続けたいと考えている。

世界へと漕ぎ出す

校内誌の購入が自由になってから、校内誌製作のための収入が不安定になり、部が閉鎖されたり、印刷費が捻出できなかったりという状況も生じている。1958年に創設された建国高校青年部も、昨年は閉鎖の危機にさらされた。

「当時、1年生と2年生の部員が私を含めて2人になってしまい、唯一の仲間が他の部へ移ってしまったので、私がやめたら部は廃止という状態でした。そこで自分が部長になるしかなく、それで人が集まらなければやはり廃部になってしまう瀬戸際でした」と第149代部長の邱景琦は言う。彼は自ら部の看板を背負って立つことにした。

そしてクラスメートを「引きずり込んで」いった。「彼は大きな理想を抱いていて、青年部を以前のように大勢の部員で繁栄させたいというのです」と今は副部長を務める張紘斉は言う。彼も邱景琦の情熱に心を動かされて入部し、一緒に道を開いてきた。こうして数人の中心メンバーが集まると、彼らは宣伝用パンフレットを作り、70もある部活動の中に埋もれてしまわないよう、積極的に新入生を勧誘し、1人だった部がようやく15人にまで増えたのである。

年に一度発行する『建中青年』は、その一年を記録するものである。2019年、彼らが最大の出来事と感じたのは香港だった。編集室の報告にはこう書いてある。「今年一年、香港の学生は宿題もなく、歴史だけを学んでいた。彼らは自分で歴史を書いていたのだ。この一年、台湾の学生も決して暇ではなかった。私たちは公民科を学んでいた。いかにして民主主義と自由に敬意をはらう公民となり、どのように基本的人権を果敢に守る公民になるかを学んだのである」と。

彼らは香港から来た留学生や台湾の高校生にインタビューして香港の運動に対する若者の見方を探っていった。また「和理非」「建制派」「逃亡犯条例」「雨傘革命」といった香港に関連するキーワードを解釈し、年表を作成して香港の動きの脈絡を整理した。さらに香港の第一線での取材を重ねてきた記者の陳怡静‧厳文廷夫妻や、台湾の学者‧専門家にもインタビューした。こうして点から線、さらに面へと広げていき、自分たちの方法で香港の民主化運動の輪郭を描き出したのである。彼らの視線は教科書の枠にとらわれることはなく、熱意と関心をもって香港と台湾の若者に力をもたらそうとしている。

情熱を注ぐ場

校内誌の独立した運営という点では、台湾師範大学附属高校青年部の校内誌も、自由奔放で印象深い。附属高校青年部の略称「附青」の発音が「付清(完済という意味)」と同じであることにかけて、彼らは新たに『payoff』という校内誌ブランドを打ち出した。内容は校内の出来事だけでなく、ゲーム音楽、芸術史、精神疾患、映画評論など多岐にわたる。各部員がそれぞれ興味のある分野を深く研究し、それを読みやすい文章と現代的なレイアウトで見せていく。

師範大学附属高校青年部では、校内誌を通して自分たちが関心を寄せるテーマに関して発言するだけでなく、行動を通して社会への呼びかけも行なっている。2018年の公民投票の前には、学校の廊下で同性婚に関する講座を開き、投票権のある3年生に投票を呼びかけた。また、学校間の交流会ではメディアリテラシーに関する講演も行っている。「言えないことは何もない。その勇気があるかどうかだけだ」と、同校青年部の何雨忻は編集ワークショップで語った。これこそ、校内誌編集において必要な決意と言えるだろう。

高校の校内誌がしだいに社会へ出ていくにつれ、そのテーマの範囲は広がり、影響力も増してきた。例えば、台中市の七期再開発エリアにある惠来遺跡は先史時代の文化遺跡で、再開発予定地にあったが、惠文高校新聞部による報道と、台中市の高校生による署名運動によって、遺跡として保存されることになった。

今年(2020年)8月には、全国高校校内誌コンクールの審査結果が発表されるので、各校が緊張感をもって見守っている。しかし、校内誌に優劣はない。それぞれの学校に独自のスタイルがあり、内容もさまざまで、特定の枠に収められるものではない。「私が作ったものは、必ず優れている」という自信は、編集のプロセスで力を出し尽くしたことから来るものであり、それは悔いのない青春の記録なのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!