南北接力 亞太文化精彩上場

:::

2016 / 12月

文‧劉嫈楓 圖‧林旻萱 翻譯‧Scott Williams


今年邁入第5屆的「亞太文化日」、年年舉辦的移民節……,

一場又一場展現亞太、東南亞多元文化的活動11月在南北接力上演,

以各國美食佳餚、特色舞蹈表演,為台灣注入精彩活力。


為促進國人對亞太國家的認識,推動文化交流,2012年起由外交部舉辦的「亞太文化日」,今年已邁入第5屆。

包括我國亞太6個邦交國、日、韓與新南向政策目標國家等五十多個主題攤位,齊聚台北車站廣場,透過美食、舞蹈、音樂揭開序幕,展現精彩、多元的亞太文化。

 

文化外交,拉近台灣與世界的距離

應邀出席的副總統陳建仁逐一走訪展位,品嚐美食,聆聽吐瓦魯、越南、澳洲等國人員介紹該國文化特色。陳副總統於致詞中表示,「總統蔡英文曾說過『文化』是一個國家的靈魂,也是促進國家進步的關鍵動力。」台灣是多元文化的社會,近年來,陸續有不同文化背景的新移民一同加入台灣社會,以嶄新的文化元素,豐富了台灣的本土文化。

過去,台灣與南亞、東南亞的外交以經濟、貿易為主,然而文化是台灣與區域鄰國關係的核心。對此,新政府推動「新南向政策」,除了經貿,也將在教育、觀光、科學、技術等,尤其文化方面強化彼此的關係,具體實踐「文化外交」,拉近台灣與世界各國的距離。

為「2016亞太文化日」揭開序幕的外交部部長李大維於致詞中表示,亞太文化日自2012年舉辦以來,一直很受關注及熱情參與。去(2015)年「亞太文化日」便吸引了十萬多人次觀展人潮,展現國人對多元文化的包容與喜愛。透過文化交流,不僅可以豐富己身的文化內涵,也更有助於相互了解,減少人與人、國與國間的分歧與矛盾,貼近世界地球村的夢想。

 

「6+1」縣市,首度參加亞太文化日

「亞太文化日」活動,今年除了邀請我國在亞太地區的6個邦交國,吉里巴斯、馬紹爾群島、諾魯、帛琉、索羅門群島、吐瓦魯以外,也有澳洲、汶萊、斐濟、印度、印尼、日本、韓國、馬來西亞、緬甸、紐西蘭、菲律賓、新加坡、泰國、越南等國的駐華機構參展,現場共有五十多個主題國家展位,擠滿台北車站一樓大廳。

特別的是,本屆亞太文化日邀請與新南向政策目標國家簽署姊妹市或友好城市的台北、高雄、台中、台南、新北、桃園6都直轄市與新竹縣一同共襄盛舉,展現地方文化。

為了展現農村的活力,高雄市政府策劃「高雄一日農夫體驗趣」活動。近年來,高雄市串連農村社區和業者舉行採果、品味地方特色餐等一系列活動,上路以來,深受國人喜愛。此回透過「亞太文化日」舉辦,除展現豐富農村文化,也期待吸引更多海外觀光客,走踏地方。

新北市政府除了將原汁原味的茶席搬至現場,也邀請石碇國小茶道社雙胞胎姊妹花周娜妤、周娜伊等小朋友,以中英文雙聲道,進行茶藝表演。現場還設置最新的VR虛擬實境技術,360度觀賞野柳海岸、歡樂耶誕城點燈秀等活動,讓參與的觀眾彷彿親臨現場。

難得的文化精彩饗宴,吸引不少人潮。現場不少來自東南亞的移工、新住民趁此前來參加「亞太文化日」活動,感受現場滿滿的家鄉味。

 

新南向國家,移工重溫家鄉味

來台工作已逾10年的印尼移工Endri,平日在新北市新莊擔任看護工。她趁著例休前來觀展,並介紹攤位上位於印尼北方的蘇門答臘的傳統服飾。她解釋,在印尼傳統中,各島、各族群都有專屬的傳統服飾。現場出現的傳統禮服的樣式,就和她的家鄉東爪哇大大不同。

展位上做工精細的人形皮偶也深受印尼民眾喜愛。Endri解釋,人形皮偶最常出現於中爪哇、東爪哇、西爪哇一帶。婚宴喜慶等場合,都會見到傳統人偶戲出場表演,是印尼最道地的文化資產。

一旁排起大隊人潮的攤位,則讓人一探印尼美食的魅力。印尼最大食品廠商Indomie免費贈送的「撈麵」,是不少到過印尼的人都嚐過的道地料理。Endri也介紹印尼泡麵最佳的享用方式,不同台灣泡麵以熱水沖泡的烹調,而是稍微沖煮後將水分瀝乾,佐上調味料,再加入喜愛的食材,就能成為一道美味的料理。

新南向政策另一個重點國家的印度,在現場也擺設了傳統工藝器物,展現印度文化之美。撲鼻誘人的印度料理,不但吸引民眾前來大啖美食,還有互動式的電子虛擬裝置,讓民眾模擬穿上印度傳統服飾。展位另一端還有彩繪師以天然指甲花(Hana)為顏料,為民眾彩繪印度傳統圖騰。

此活動連續舉辦兩天,馬來西亞、印度、印尼、越南等藝術表演團體連番接棒演出,為台灣民眾帶來傳統藝術表演。

 

南北接力,2016移民節上演

無獨有偶,北有「亞太文化日」熱情展開,由嘉義市政府主辦的「2016年移民節──新住民多元文化活動」,也在南部同步舉辦。

嘉義市市長涂醒哲表示,台灣文化就是多元文化,無論新住民、原住民,「只是不同時期來到台灣」,族群融合是社會進步的出路;外交部雲嘉南辦事處處長傅正綱也表示,多元文化對台灣未來發展注入許多新活力,期勉新住民及其第二代透過文化連結,推助台灣新南向政策發展。

不同以往,今年移民節活動特將原住民與新住民活動結合,並策劃尼泊爾、迦納、越南、日本等9款婚禮服飾走秀,吸睛度十足。活動分上下兩場舉辦,上半場新住民多元文化宣導,下午則由都市原住民聯合豐年祭接棒上場。目前定居嘉義市的新住民4,780人,佔全市27萬人口的1.76%。嘉義市透過每年一度的移民節活動,將讓彼此更認識。

異國文化行旅,無須行遍千里,來一場亞太文化日、移民節,精彩的文化饗宴就此展開。     

日文 英文

台湾の南と北で アジア太平洋の文化に触れる

文・劉嫈楓 写真・林旻萱 翻訳・山口 雪菜

11月、第五回を迎えた「アジア太平洋文化デー」や、毎年開かれる「移民フェスティバル」など、アジア太平洋地域や東南アジアの文化に関連するイベントが台湾の南北で相次いで開催された。各国の美食や特色あるダンスやパフォーマンスが披露され、台湾に新たな活力をもたらすイベントとなった。


アジア太平洋地域の国々との文化交流を深めるために、外交部は2012年から「アジア太平洋文化デー」を開催しており、今年で第5回を迎えた。

我が国と国交のあるアジア太平洋地域の6ヶ国に加え、日本、韓国、それに新南向政策の対象地域の国々が台北駅の広場に50以上のブースを出し、美食や舞踊、音楽など、素晴らしい多様な文化を披露した。

文化外交で世界との距離を縮める

来場した陳建仁・副総統はブースを一つひとつ見て回り、ツバルやベトナム、オーストラリアなどの参加者がそれぞれの文化について語る言葉に耳を傾けた。そして祝辞の中で「蔡英文総統は、『文化』は一つの国の魂であり、国の進歩を促す重要な動力であると語っています」と述べた。台湾は多様な文化を持つ社会であり、近年はさまざまな文化的背景を持つ新たな移住者も加わり、台湾文化をより豊かなものとしている。

過去において、台湾と南アジアや東南アジアの関係は経済や貿易が中心であったが、文化こそ近隣の国々との関係の核心である。そこで新政権は「新南向政策」を推進し、経済貿易以外に、教育や観光、科学、技術などの面での関係強化に重点を置いている。特に文化面では具体的に「文化外交」を実践し、台湾と世界各国との距離を縮めることに努めている。

2016年アジア太平洋文化デー」開幕に当り、李大維外交部長(外相)は、このイベントは2012年に実施されて以来、常に注目され、各方面が積極的に参加してきたと述べた。昨年はのべ10万人以上が会場を訪れ、さまざまな文化に対する国民の関心の高さが感じられた。文化交流を通して自身の文化を深められるだけでなく、互いの理解も深まり、人と人、国と国との意見の相違や対立を減らすことにもつながる。

台湾の自治体も参加

今年は我が国と外交関係のあるアジア太平洋地域の6ヶ国——キリバス、マーシャル諸島、ナウル、パラオ、ソロモン諸島、ツバルの他、オーストラリア、ブルネイ、フィジー、インド、日本、韓国、マレーシア、ミャンマー、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムなどの駐台機関が参加し、台北駅1階ホールの会場には50余りのブースが設けられた。

今回はさらに、新南向政策の対象国の各都市と姉妹都市や友好都市関係を持つ台北、高雄、台中、台南、新北、桃園の6直轄市と新竹県もイベントに参加し、地域の文化をアピールした。

高雄市は、海外からの観光客を地方へ誘致するために農村文化を打ち出した。新北市は、本格的な茶席を設けて茶芸を披露し、またVR技術を用いて野柳海岸やクリスマスのライトアップショーなどを仮想現実で楽しんでもらった。

この文化の祭典には多くの人が集まり、仕事や結婚のために台湾で暮らしている東南アジアの人々も、故郷の雰囲気を味わおうと集まった。

移住労働者の故郷の香り

台湾へ働きに来て十年になるインドネシア出身のEndriさんは、普段は新北市の新荘で介護士として働いている。休日を利用してアジア太平洋文化デーの会場を訪れた彼女は、インドネシアのブースに飾られていたスマトラの伝統衣装を紹介してくれた。その話によると、インドネシアでは島ごと、民族ごとに伝統衣装も異なり、会場に展示されている伝統衣装は、彼女の故郷である東ジャワのものとは大きく異なるという。

会場にはインドネシア伝統の影絵芝居ワヤン・クリに使われる革製の精巧な人形も展示されていた。Endriさんによると、これを用いた影絵芝居は中部ジャワ、東ジャワ、西ジャワの冠婚葬祭などで上演されるもので、インドネシアの重要な文化遺産だという。会場ではインドネシアの即席麺のコーナーにも多くの人が集まった。

新南向政策の重要な対象国であるインドも、会場に伝統の工芸品を展示し、インド料理も提供して多くの人が舌つづみを打った。この他に、インタラクティブな装置を用いて自分がインドの伝統衣装を身につけた姿を見たり、ヘナタトゥーを楽しむコーナーも設けられた。

イベントは2日にわたって開かれ、マレーシアやインド、インドネシア、ベトナムなどのグループによる伝統芸能も披露された。

台湾の北と南で世界の文化に触れる

台北で「アジア太平洋文化デー」が催されている頃、南の嘉義市では「2016年移民フェスティバル——新住民の多様な文化」が開催された。

涂醒哲・嘉義市長は、台湾文化は多様な文化であり、新住民も先住民も「台湾へ移住してきた時期が違うだけ」で、エスニックの融合こそ社会を進歩させる力になると語った。外交部の雲林・嘉義・台南弁事処の傅正綱・処長は、多様な文化は台湾の発展に新たな活力をもたらすものであり、新住民とその子供たちが文化的つながりを通して台湾の新南向政策発展の力になることを期待すると述べた。

これまでと異なり、今年の移民フェスティバルでは新住民と先住民の活動が一緒に行なわれた。また、ネパールやガーナ、ベトナム、日本などの9種類の婚礼衣装のショーも行われ、参加者の目を楽しませた。イベントは前半と後半の二部にわけて行なわれ、前半は新住民の多様な文化的背景を紹介する内容、後半は都市部に暮らす台湾の先住民による合同豊年祭が開催された。

現在、嘉義市に暮らす新住民は4780人で、市の人口27万人の1.76%を占める。嘉義市では年に一度の移民フェスティバルを通して、住民同士の交流を深めたいと考えている。

海外へ行かなくても異国の文化に触れられる。アジア太平洋文化デーや移民フェスティバルに足を運んでみてはいかがだろう。

Asia–Pacific Cultural Festivals Take the Stage in North and South

Liu Yingfeng /photos courtesy of Lin Min-hsuan /tr. by Scott Williams

Taiwan has played host to scores of festivals celebrating the cultural diversity of Southeast Asia and the larger Asia-Pacific region. This year, events such as the Ministry of Foreign Affairs’ fifth annual Asia-Pacific Culture Day and ­Chiayi City’s 2016 Immigrants Festival brightened Taiwan’s cultural landscape with delicious foods and international dance performances.


The Ministry of Foreign Affairs organized the first Asia-Pacific Culture Day in 2012 to promote cultural exchanges and greater understanding of our neighbors in the Asia-Pacific region.

This year marked the fifth annual APCD. Held in the Taipei Railway Station, it featured more than 50 booths providing information on the ROC’s six formal diplomatic allies in the region, as well as Japan, Korea, and nations targeted by the New Southbound Policy. The festivities began with a concert, but also included dance performances and delicious foods highlighting the region’s cultural diversity. 

Cultural diplomacy

During a visit to the festival, Vice President Chen ­Chien-jen delivered a speech in which he reminded listeners:  “President Tsai Ing-wen has noted that culture is a nation’s soul and a key driver of national progress.”

The vice president then observed that Taiwan is itself culturally diverse, and that in recent years new migrants have been further enriching our native soil with elements from their own cultures.

Taiwan’s South and Southeast Asia diplomacy used to be dominated by trade and economics. But, recognizing that culture is at the core of our relationships with our neighbors, the new government has put forward a New Southbound Policy that addresses not just trade and economics, but also education, tourism, science and technology. The policy places particular emphasis on strengthening these relationships through culture and tangible “cultural diplomacy” to bridge the distance between Taiwan and the world beyond our shores.

Minister of Foreign Affairs David Lee raised the curtain on the 2016 APCD by noting that it marked the fifth edition of the event since its 2012 inauguration, and observing that last year’s festivities had demonstrated Taiwan’s tolerance of and affection for diverse cultures by attracting more than 100,000 visitors. 

Lee stated further that such cultural exchanges not only enrich one’s cultural experience, but also foster mutual understanding, reduce interpersonal and international prejudice and conflict, and bring the global community together.

City and county participation

This year’s APCD featured more than 50 nationally themed information booths, including stalls set up by overseas community organizations from Australia, Brunei, and Fiji, as well as those from the six Asia-Pacific nations with which the ROC has formal diplomatic relations—Kiribati, the Marshall Islands, Nauru, Palau, the Solomon Islands, and Tuvalu).

This year’s APCD also featured exhibits on the local cultures of Tai­pei, Kao­hsiung, Tai­chung, Tai­nan, New Tai­pei City, Tao­yuan, and Hsin­chu County, all of which have signed sister-city agreements or declarations of friendship with municipalities in the nations targeted by the New Southbound Policy. 

New Southbound nations

This wonderful cultural banquet attracted many visitors, both domestic and foreign. Large numbers of migrant workers and immigrants from Southeast Asia also took advantage of the opportunity to enjoy a taste of home.

Endri, an Indonesian woman who has been working in Taiwan for more than a decade, is a caregiver in Xin­zhuang, New Tai­pei City, who spent her day off visiting the festival and sharing her culture with other attendees. The Indonesian booth included a clothing exhibit featuring traditional attire from the northern Indonesian island of Sumatra. Endri told us that the examples on display were very different from those you might see around her home in East Java, explaining that each Indonesian island and ethnicity has its own traditional clothing.

The rear of the booth also displayed examples of the carefully crafted leather puppets used in the puppet shows beloved by Indonesians. Endri noted that the puppet shows given at weddings represent a distinctively Indonesian cultural asset and that puppetry is most common in central, eastern and western Java.

Another target nation of the New Southbound Policy, India operated a booth that also exhibited traditional handicraft items that highlighted some of the beauty of its culture, and attracted still other visitors with the enticing scent of Indian cuisine, an interactive virtual ­reality­ installation that let attendees “try on” traditional Indian clothing, and an artist who used natural henna to draw traditional Indian motifs on their skin.

A Chiayi festival

In a bit of serendipity, the ­Chiayi City Government also held its 2016 Immigrants Festival, an event celebrating the many cultures of new residents, shortly after the APCD.

Noting that Taiwan is itself multicultural, ­Chiayi mayor Twu ­Shiing-jer remarked that the biggest difference between that city’s Aborigines, long-established ethnic Chinese residents, and new immigrants is merely when they arrived. Twu went on to state that ethnic integration is the path to social progress.

In a new twist, this year’s festival included both Aboriginal- and new-resident-themed activities, and highlighted another side of multiculturalism with an eye-catching exhibition of wedding attire from nine different countries, including Nepal, Ghana, Vietnam and Japan.

The Chiayi festival was arranged into morning and afternoon “sessions,” with the former focusing on the many cultures of new residents, and the latter consisting of a harvest celebration organized by Aborigines living in the city.

A total of 4,780 new residents currently reside in Chiayi City, and comprise 1.76% of its population of 270,000. The city’s annual Immigrants Festival is sure to help all of its residents, new and old alike, get to know one another.                                                             l

(Liu Yingfeng/photos by Lin Min-hsuan/
tr. by Scott Williams)

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!